学生が消費者金融で借りるための条件とは?また即日融資の条件とは?

学生が消費者金融や銀行等のカードローンで借りるには絶対条件があります。

  • 年齢が20歳以上である事(法律で決まっています)
  • アルバイトなどで安定収入があること(返済源がないと貸してくれません)

以上の条件さえクリアしていれば学生でも消費者金融に申込む事ができます。

学生が消費者金融の審査に通るのか?

安定収入があってもアルバイトだと収入が少なく、金融業者から見た属性はリスクの高い属性ということが言えます。そういったリスクの高い属性では低金利の銀行カードローンの審査では厳しくなってしまいます。しかし大手消費者金融なら

  • 銀行カードローンの保証会社も務める審査能力
  • 個人貸付の老舗であることで培った与信データ

により、少ない収入でもそれに見合った借入枠を提供する能力があると言えます。

学生が消費者金融に申込むなら大手消費者金融
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 4.7%〜18.0%
借入限度額 最高500万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

学生の為の消費者金融無利息サービス利用方法

大手消費者金融では無利息サービスを展開する所があり、学生にはメリットの高いサービスとなっています。これは、

 

 

基本30日ほどの無利息期間ですがサービスが異なりますのでその内容をよく把握しておかなくてはいけません。


プロミスの『初回30日無利息サービス』

プロミスの『初回30日無利息サービス』は契約日から数日経過していても初めての借入の翌日より30日無利息期間があるサービスです。先に契約してカードを取得しておき、必要な時に使っても無利息サービスが30日まるまる利用できるので現在最高の無利息サービスです。

アコムの『最大30日金利ゼロサービス』

アコムの『最大30日金利ゼロサービス』は契約日の翌日から30日無利息なので、初めての借入が契約日から日にちが経過するにつれて無利息期間も減少していくサービスになっています。ですからアコムを申込む際はすぐ借りることを前提で申込んだ方が無利息サービスを最大限有効活用することが出来ます。

学生がお金を借りるには?消費者金融や銀行ではどうなの?

消費者金融や銀行は学生のどこを審査で見るのか?

学生がキャッシングするために必要なことはまず、収入があるかどうかです。これは学生に限ったことではありませんが、貸し手は借り手の返済能力の有無を見ます。

 

学生も例外ではなく、収入がなければほとんどの場合、借りることはできません。そのため、まずはアルバイトで定期的な収入を得ることが第一条件になってきます。

金額は実はあまり問題にならない

そこでいったいどれほどの収入があれば借りることができるのかといいますと、実はあまり金額は問題にならないので省きます。

 

それよりも貸し手は安定した収入を重視することが多いです。そのため、勤続年数が長く、一定の金額を定期的に稼いでいるとより印象がよくなります。

学生に人気の大手消費者金融会社はプロミス

学生がキャッシングするのに最適なところは大手消費者金融会社であるプロミスです。プロミスの貸付条件は20歳以上で収入のある方なので、アルバイトで収入があるのであれば、学生でも条件を満たすことが可能です。

 

ただし当然、審査がありますので、それに通らないことには借りることはできません。ちなみにプロミスに限らず、キャッシングする多くの場合には、本人確認書類が必要になってきます。

学生がキャッシングする際は二箇所ある

キャッシングには

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融

がありますが、学生がキャッシングする際にはどちらがいいのかを見ていきます。ここに関していいますとケースバイケースというほかありません。というのも、銀行カードローンと消費者金融には各々メリットとデメリットがあるため、借り手の現在の状況に左右されてしまうからです。そこで二つのメリットとデメリットを簡単に見ていきます。

  • 銀行カードローンのメリットには金利が低く安全という点
  • 一方でデメリットには審査が通りにくい

消費者金融はその逆で、金利は高いが審査に通りやすいというメリットとデメリットがあります。ですから、どうしても早急にお金が必要であるという場合には消費者金融で借りることをお勧めしますし、学生が必要な金額では利息はそれ程変わらず、逆に無利息サービスのある消費者金融のほうが利息が少なくなる場合の方が多いのです。

体育会系の学生の消費者金融の利用率は高い!?

体育会系の学生には先輩・後輩との付き合いがあります。しかしこの付き合いも就職にも影響してくるので無碍にする事はできません。そうなってくると飲み代もバイトだけでは賄えなくなり、消費者金融のカードローンの登場となるわけです。なぜ体育会系の学生は簡単に消費者金融に手を出すのかと言うと、

 

 

体育会系の学生は就職に有利だから就職後の収入をあてにしているからです。


なぜ体育会系の学生は就職に強い!?

企業は体育会系の学生には求めるものが違ってきます。

 

 

  • OBや先輩・後輩の繋がり・人脈や上下関係の遵守
  • 負けた時からの回復の早さやその時の粘り強さ

など組織を構成する上で必要な要素を兼ね備えている属性だと判断されており、就職活動エージェントの担当者なども推し易いというのもあります。またこの就職活動エージェントも体育会系の学生は無料で利用できるところが沢山あります。

 

実際編集部の私は高卒で、社会に出て先輩・後輩・OBとの繋がりがないので一切コネがありませんでした。しかし、就職して得意先にその先輩・後輩・OBがいたとしたら・・・

 

もちろん交渉も有利に進みますよね?そういった副産物的な効果も企業は狙って人材を集めているのです。体育会系の学生は就職後の投資だと思って安心して消費者金融を利用するんですね。